アルコールやタバコとEDとの関連性

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → アルコールやタバコとEDとの関連性

目次
アルコールとEDの関係

体調が微妙になるかどうかは、普段の生活スタイルに左右される一面があります。EDも例外ではありません。その症状で悩んでいる時には、生活スタイルの見直しも検討すると良いでしょう。それで、意外とスムーズに悩みが解消する場合があります。

特にアルコールやタバコなどを嗜んでいる方々は、少々注意を要します。それはEDとの関連性もあるからです。



まず、アルコールの量が多い状態は改善するのが望ましいです。心当たりがあるなら、できる限り減らすべきでしょう。アルコールは、実は少量程度なら問題ありません。

適量のアルコールは、むしろ体調を良くしてくれる効果はあります。しかし、何事にも加減があるのです。過剰なアルコールは神経系に悪影響を及ぼし、EDになってしまう場合があります。

それと局部の勃ちは、血行とも大きな関連性があるのです。ですからタバコを吸っている方々は、少々注意を要します。そもそも局部が勃つのは、血液というパイプでエネルギー分が伝達されているからです。局部に栄養補給が行われ、勃つイメージになります。

血管に何かの問題点があると、局部に十分に栄養分が届けられず、EDになってしまう場合があります。

血管の状態が微妙になる要因の1つが、タバコなのです。タバコの中には、ニコチンも含まれています。それは血管を収縮させてしまうのですが、局部に対しても悪影響があります。

血行が悪くなってしまう事で、局部に十分に栄養分が届けられず、EDになってしまうからです。ですからEDが気になる時には、やはりアルコールやタバコなどは控えるのが望ましいでしょう。

EDを改善する精力剤の選び方
精力剤プロキオンの記事はコチラ

多くの精力剤には、アルギニンという成分が入ってはいます。アルギニンには様々な効果がありますが、例えば血行促進です。男性の局部に対しては、十分に栄養分が届いていない事もあります。

血行に問題があると、栄養分が十分伝達されないので、勃ちが悪くなってしまう場合があります。ですがアルギニンは血行を促進してくれる訳です。

その他にもアルギニンは、ホルモンに関する効果もあります。ホルモン不足ですと勃ちも悪くなってしまいますが、アルギニンはその生成を促してくれる訳です。



その他にも疲労回復などの効果もあります。ところで精力剤を選ぶ時には、そのアルギニンが何㎎ほど配合されているか確認してみると良いでしょう。1,500mgを超えている製品が望ましいです。

精力が十分になるアルギニンの摂取量は、ある程度目安があります。1日あたり、1,500mg程度は摂取するのが望ましいのです。

ところで精力剤は、そのアルギニンを含んでいる量が異なります。1,500mg未満の精力剤もあれば、それ以上の精力剤もある訳です。もちろん多くのアルギニンを含んでいれば、効果も大きくなると見込まれるでしょう。

1,500mg未満の製品ですと、1日あたりの摂取量目安を超えていない訳です。という事は、たとえアルギニンが入っているとしても、十分な効果が発揮されない可能性があります。

精力剤クラチャイダムゴールドの詳細はコチラ

ですから精力剤を選ぶ時には、まず製品パッケージをよく読むのがおすすめです。パッケージを見てみて、果たしてアルギニンが1,500mg以上かどうかを確認してみると良いでしょう。

ページの先頭へ