パートナーとの間にストレスが生まれるとEDになりやすい

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → パートナーとの間にストレスが生まれるとEDになりやすい

目次
EDになった経緯

男性の場合にはEDという悩みを抱えている人もいると思います。
若いうちはEDになる人はそんなに多くはないと言えるものの、加齢によって徐々にEDになる人は増えてきます。

でも、EDになる原因というのは加齢だけではなく、他にもいろいろな原因が存在しています。
その1つがストレスになりますけど、特定のストレスを抱えた人というのは、無意識のうちにEDになっていることも多いです。



ストレスならば何でもEDの原因になるわけではありませんが、特にパートナーの女性との間に生じたストレスについては、EDの原因になりやすいとされています。

ストレスは誰もが少なからず抱えているものと言えますが、それが全てEDの原因になるというわけではないのです。
EDになるストレスというのは限られていて、付き合っている女性などの間に発生しているストレスというものになります。

特に付き合っている女性に自分自身を否定されたことがあるようなとき、それが重いストレスやトラウマのようなものとして感じられたときにはEDの原因になるストレスと言える可能性が高くなります。
そういった経験をすると、パートナーの女性に会ったとき、または別の女性に会ったときに過去のそういうストレスやトラウマが脳裏に自然と蘇ってくることがあります。

そして、それを何度も思い出すことで知らないうちにEDになってしまうことがあるのです。
特に女性関係のストレスというのがEDになりやすいとされており、それ以外のストレスでもEDになる可能性はあるのですが、特に確率を高めるのはこういったものなのです。



でも、付き合っていれば少なからずストレスは生まれるものであり、女性との間に生まれたストレスによってEDにならない人もたくさんいますから、考え方や性格といったものも結局は関係していると言えます。

EDの原因は他にも喫煙?

こういった原因でEDにならないためには、ストレスを抱えてもそれをすぐに発散する、または気にしないでおくといった考え方が重要になると言えるでしょう。

EDを改善する精力剤の選び方
多くの精力剤には、亜鉛という成分は含まれています。最近では、薬店でも亜鉛を含むサプリメントを取り扱っています。亜鉛は、確かに精力に関する効果はあるのです。



精力剤によっては、亜鉛以外の成分が含まれている事もあります。アルギニンやシトルリンなどを含む精力剤も多いです。その成分が十分に効果を発揮するよう、亜鉛は間接的にサポートしてくれる効果もあるのです。

ところで亜鉛には、1日あたりの摂取目安量もあります。この成分の場合は、1日につき10mg程度は摂取するのが望ましいのです。それで精力剤は、それぞれ成分に関する違いはあります。

亜鉛を多く含んでいる製品もあれば、その逆もある訳です。もしも亜鉛が極端に少ない精力剤ですと、効果が今一つになってしまう可能性があります。亜鉛が多いか否かは、精力剤選びの基準の1つになるでしょう。



しかし亜鉛という成分には、1つ注意点もあるのです。多ければ良い訳ではありません。確かに10mg程度摂取できれば、それなりに精力が高められるとは期待できます。だからと言って、多すぎるのも問題なのです。亜鉛を多く摂取しすぎてしまうと、かえって体に悪い影響を及ぼしてしまう場合があります。亜鉛は、過剰摂取は禁物なのです。

基本的に大部分の精力剤は、亜鉛が10mgを超えないように、成分は調整されています。しかし一部の製品は、たまに例外もあるのです。海外で生産された製品ですと、日本とはまた異なる基準が採用されているので、亜鉛の含有量が適正でない可能性もあります。

亜鉛が豊富なヴィトックスαについて

ただ亜鉛の含有量などは、精力剤のパッケージで確認できます。ですから精力剤を選ぶ前に、まずばパッケージを見ておくと良いでしょう。

ページの先頭へ