EDの原因と治療方法について

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → EDの原因と治療方法について

目次
    
EDになった経緯

EDは動脈硬化の進行が進むことや神経の障害、精神的なストレスなどが原因で起こる病気です。その治療方法は血管を薬を使用して拡張することにより治療を行ないます。よく、EDのお薬を長く使用していると薬が効かなくなるのではと心配される方がいらっしゃいますが、それは誤解です。EDの後量に使用する薬は血管を拡張する効果しかなく男性器その物の機能を促進させる機能はないのです。

あくまでEDの治療薬は動脈の血液の流れが悪くなる場合による勃起不全にしか効果が無く、精神、神経のストレスが原因の場合の勃起不全の場合は違う治療法を行います。あくまでEDの治療薬は血液の流れを正常にして勃起を維持できるようサポートをする薬であり、興奮を高めたりして勃起を維持しているわけではありません。

では、精神的ストレスの場合ですとストレステストを行いカウンセリングをしてED治療に当たります。基本的にカウンセリング後は普通のED治療となんら変わりなく行われます。多くの場合はストレスを軽減する薬を併用して治療に当たることがあります。バイアグラやシアリス、レビトラなどのPDE5阻害薬を使用して治療に当たります。

他にも、高血圧抑制剤や精神安定剤、抗うつ薬などを常用することによって起こる 薬剤性のEDがあり、そのようなEDの場合は専門家による診察の後にEDの治療に使用される薬が決定されます。ですので、EDになったからといってそれが精神的なことであるのか、常日頃から飲んでいる薬により引き起こされたEDであるかを判別する必要があるという話です。

こういった治療は泌尿器科が治療に当たり、精神的な疾患のEDである場合でもまずは泌尿器科を受診する事が大事となります。通信販売で販売されているED治療薬と呼ばれる物は多くがEDの治療とは関係の倍成分で作られている品物が多く大変危険です。

EDの治療は恥ずかしいことと思う方もいるかもしれませんが、よく分からない薬を使用して自分で治療をしようとすると反って病気を悪化させてしまいかねません。そうならないためにもEDかなと思ったらまずは泌尿器科の受診をお勧めします。

EDを改善する精力剤の選び方
充実した性生活を送る為にEDを改善する精力剤について説明します。精力剤といってもの本当に「ピンキリ」の世界であり、効果の有無というだけならまだしも、詐欺商品のようなものもあります。

要するに「充実した性行為」に対しての効果を期待して購入というのがよくあるケースだとは思いますが、基本的にそういった効果を確実に得るものは世の中に存在しないと思ってください。

そういった興奮剤というものは薬事法的に普通に購入できるわけはないですし、ましてや勃起力を得るような薬品などといった場合、血液の流動に対して変化を与えるということになる訳ですから、血圧の急激な変化を与えるような危険な薬品が普通に買えるということはないのです。

ではいわゆる「精力剤」と言われているものは何なのかというと、リポビタンDやユンケルといったような滋養強壮剤のようなものと理解するのが良いでしょう。

こちらは風邪などの治療補助などにも用いられるように、体力の回復的なサポートであったり、栄養補助的な効果に期待できるものではあるので、「回復力」というものに対しての効果は期待できます。

そういう意味ではちゃんとしたものであれば「精力剤」というのをそういった性行為だけでなく、疲労回復を目的とした用途として勤務中なども普段遣いも適していると考えられます。

なぜ「ちゃんとしたもの」と付け加えたのかというと、中には「滋養強壮剤でもないもの」というようなレベルのものが、精力剤を専門としたような薬局で販売されていることがあるからです。

例えば漢方であったり薬膳であったり、オットセイやすっぽんなどのエキスがと謳われているようなものです。

この手のようなPRをしている商品は成分表を見てもその手の表現に差異がないかを必ず確認するのと、できれば知っているようなメーカーから出ていることを必ず確認してください。

ひつ悪いとサプリメントにもならないようなものがありますし、オットセイやすっぽんのエキスが入っていても勃起力につながるなんていう根拠も実は存在していないのです。

気分的な高揚などの効果は得られるかもしれませんが、体力的なサポートを期待して、世の中のマーケット的に信頼と実績のある滋養強壮剤を購入されることを強くおすすめします。

おすすめの精力剤リペニアはコチラ!

ページの先頭へ