病気が原因のEDを治す精力剤の選び方

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → 病気が原因のEDを治す精力剤の選び方

目次
EDになった経緯

糖尿病や高血圧、テレビを見ていればいつも健康番組で、叫ばれているフレーズです。いったい何を食べればよいのか、逆にわからなくなるほど健康食材が紹介されます。

しかし健康食材を食べていてもEDは突然やってきます。風邪をひいたから今週は無理、というレベルのものではなく、自然の状態では勃起しないのです。

血糖値が高いのはわかっていた、それでも炭水化物やアルコールはやめられない、アルコールは飲み物であって、糖尿には関係ないと思って、飲みすぎた結果が糖尿病とEDです。

しかし最近では良い薬が手に入ります。そのおかげで糖尿病でEDになってもパートナーとプレイをすることができます。高齢者もこの薬を使って、若い女性と遊んでいることがあるそうです。

もうダメだ、と思っていたけど、薬を飲んだら若い頃と同じようにできてしまう。でも体力は年相応なのです。無理をしたら負担をかけてしまいます。

友人は糖尿病でもないのにEDになりました。動脈硬化が原因だそうです。若い頃からタバコを毎日30本以上吸い、毛細血管がボロボロになったそうです。

医師いわく、禁煙したとしても動脈硬化は治らないということなので、その友人はEDの悩みをやっぱり薬で解決しようとしています。

薬に頼る前に気がつける、と思われるかもしれませんが、忙しい日常の中で楽しみといったら、お酒やタバコしかないのかもしれません。

自然に手がのびてしまって、知らない間にアルコールとタバコをとり過ぎてしまいます。そんなのダメだよ、と言いたい気持ちもわかりますが、ストレスの中で戦う人はやめられないのです。

そして最終的にはEDになります。男性専門のクリニックに通院すると薬をもらうことができます。これを飲むと、まるで自分は健康なんだ、と勘違いをするほど元気になります。

しかし考えてみましょう。内臓も血管も老化しています。でも勃起しているのでがんばれてしまうのです。体への負担はかなり大きいのではないでしょうか。健全なペニスは健康な体にやどる、このことを忘れないようにしましょう。

EDを改善する精力剤の選び方
中折れにはいろいろな原因がありますが、その対策のポイントは以下の四つです。

一つ目は、「勃起を持続させる効果があるか」。

興奮してはいるものの、性器が反応してくれない。
このような場合は、勃起を持続させる必要があります。
勃起を持続させるのに必要な成分としては、「シトルリン」が挙げられます。

シトルリンには、血液の中の一酸化窒素の量を増やすという働きがありますが、これによって血流が改善されるので、性器に流れ込む血液の量が増え、勃起が持続されるのです。

二つ目は、「精力を増強させる効果があるか」。

なかなか興奮しない、または興奮するがそれが長続きしないという場合は、精力を増強させる必要があります。
興奮していない状態では、勃起させようという脳からの指令が微弱になり、すぐに萎えてしまいます。

精力を増強させる成分としては、「マカ」や「クラチャイダム」などの漢方が挙げられます。
これらは希少なのでその分価格も高くなってしまいますが、その分効果は十分期待できます。

四つ目は、「即効性があるか」。

中折れとEDは似ていますが、大きく異なる点があります。
EDは勃起しないという状態ですが、中折れは勃起するが途中で萎えてしまうという状態です。
ですから、中折れ対策としては即効性も重要です。
たとえ勃起の程度が弱かったとしても、自力で勃起させることは可能なので、即効性のある精力剤を使えば、即座に中折れを防ぐことができるからです。
ただし、これには個人差なども影響してくるので、実際に飲み比べるしかないといえます。

では、これらの条件を満たした精力剤をいくつか紹介して行きましょう。

「バイタルアンサー」は、持続力に影響するアルギニンの配合量が多いというのが特徴です。
1粒当たり40mg含まれており、1日の服用量の目安は10粒とされているため、400mgも摂ることができます。

「ペニブースト」は、シトルリンの摂取量が多いというのが特徴です。
1日当たり1560mgも摂ることができ、精力増強や性器の増大などの効果も期待できます。

ペニス増大効果を実感できるサプリメント
最もペニス増大&勃起力を高めるのに重要なのが、精力剤です。



この方法は確実にペニス増大&勃起力を高める効果を実感できるでしょう。

もしペニスの小さいことを解決したいのであれば、ぜひヴォルスタービヨンドをおすすめします!

ヴォルスタービヨンドの詳細はコチラ!

ページの先頭へ