産後のセックスレスな夫婦生活、性生活の解消法

セックスレス 精力剤

目次
セックスレスになった経緯

私は以前からの願いだった立会い出産を選びました。
先輩のママさんからは、立会いは出産は男性のタイプにもよるけれど、その後の夫婦生活が成り立たなくなる場合があったり、その反対で一生妻の事は守ろうと思い、浮気癖が治ったとか、両極端だから、どちらに転ぶか?分からない意味では、あまり進めないとアドバイスされました。

しかし、先輩ママの意見を無視する形で立会い出産を選らんだ私たち夫婦は完全なるセックスレスになりました。
正直、夫婦としては絆もよる深くなりましたが、それ以上に家族として、子供の親としての意識が高まってしまい、産後は暫く夫婦の営みは無くなりました。

しかし、家は二人目も望んでいたので、何とか雰囲気を私の方が高めて、夫をその気にさせるような行動を取ったりもしましたが、最低限の営みを義理でしていると言う感じが伝わり、段々と私の方も夫を性的な感覚で見られなくなりました。

そうこうしているうちに自宅の引越しなどで、寝室などの変化もあり、夫は産後の3年で、完全なるセックスレス状態になりました。
個人的には欲求が満たされるイライラすることなども余り無く、セックスレスも10年以上になっているので、慣れたというのか?この生活が辺り前だと感じる様になっています。

ふと、男性はそうはいかないら、夫はどんな風に性的な処理をしているのかな?と気になる事もありましたが、そこはあまり深く詮索するといけないと思っているので、お互いのプライバシーを守っています。
セックスレスで離婚をしたという知人もいましたが、私たち夫婦に限ってはそんな事はないと確信していますし、セックスレスでも気持ち的な部分は繋がっていると私は思っています。

夫婦のセックスレス解消の記事はコチラ

しかし、女性の方が年齢を重ねるほとに性欲が高まるという話を聞いたので、40代後半の現在から50代はどんな気持ちの変化が起きるのか、少しドキドキする部分もありますが、現在はセックスレスが当たり前なので、気持ち的な不安や欲求は特にありません。

セックスレスに悩む方の精力剤の選び方
精力に関わる製品は、色々な国が開発しています。日本だけではないのです。アメリカなどは、実に様々な製品を発売しています。錠剤の製品などは、向こうの国ではよく作られているのです。またアジア諸国でも、精力剤は作られています。日本で入手できる精力剤の中には、海外の製品もあるのです。製造した国をよく確認して、精力剤を選ぶと良いでしょう。

何か製品が発売される前段階では、たいていは検査が行われます。安全性が問題無いかどうかを、慎重に確認する訳です。検査を実施しなければ、健康に関するトラブルもあり得ます。ただその検査に関する基準は、国によって異なるのです。日本の場合は、世界の中でも比較的厳格に検査を行っています。ですから国内で発売された製品は、総じて安全なのです。

ところが海外の場合は、日本とはまた異なる基準を採用しています。国によっては、あまり厳格な基準を採用していない事もあり、やや危険度が高い製品もあるのです。精力剤も例外ではありません。それを服用してしまいますと、万が一の健康トラブルもあり得ますから、注意を要するでしょう。ですから精力剤の生産国をよく見て選んでおく方が、無難なのです。

もちろん海外で生産された製品は、「全て」問題がある訳でもありません。中には、優良な製品もあります。ただ海外で生産された精力剤を検討するにしても、少なくとも安全性は確認しておく方が良いでしょう。厳しい検査を通過した製品なのかどうかは、慎重に確認しておく方が無難です。基本的には、国内で生産された製品を選んでおくのが、一番無難ではあります。

ページの先頭へ