中折れの対処法と、中折れ改善を促すアルギニン精力剤

中折れ 精力剤

目次
シトルリンで確実に中折れを解消できる理由
①勃起力を高める血流をアップ!→血流をアップさせることで 、フル勃起するための一酸化窒素を産出してくれます。

②一酸化窒素の産出の増加!→ペニスに流れ込む血液の量を増やしてくれますので、、勃起力とムラムラの増加に効果があります。
中折れ解消で得られるメリット!
①40代以上でも高い勃起力のまま性行為できる→20代と変わらない勃起力を実感できるのが、シトルリン摂取のメリットです。



②最後までフル勃起だからパートナーの満足度が高い→最初から最後までフル勃起で色々な体位ができますので、パートナーから褒め言葉が多くなります。

③性行為を2回から3回も楽しめるようになる→1回射精しても、ムラムラがずっと残っているので、1回目と変わらないまま性行為を楽しめます。
シトルリン配合No.1!精力剤のアプソルシンの効果
中折れ改善の効果を実感するために、アプソルシンを飲みました!


~~飲み始めて1週間~~
飲み始めて性欲増加と共に明らかなペニスの勃起力を実感しました。
自然と射精量の増大も感じることができ、自信のあるペニスを手に入れることができます。

  1. アプソルシン

    ペニス増大 5.0
    勃起改善 5.0
    即効性 5.0
    価格:
    12,000円(税込)
    容量:
    1箱
    30日分 3箱買うと、もう1箱無料!

    ・飲んだ次の日にペニスの変化を実感!
    ・3日、1週間飲んで確実に中折れが改善した!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    中折れ解消に欠かせないのがシトルリンとアルギニン。
    そのシトルリンとアルギニンの配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「アプソルシン」です。

    そして私が今まで飲んだ精力剤の中で、勃起力を一番実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

中折れになった経緯

私は、現在30歳の男性です。私は、昔から人並みには異性に興味があり、これまでも何人かの女性と交際してきました。しかし、これまで私は交際していた女性とのSEXで一度も射精したことがありませんでした。というのも、毎回勃起して挿入するところまではうまくいくのですが、暫くすると性器の勃起力が弱まってしまっていたのです。



毎回私が中折れすることによって、相手女性に「私に魅力がないからこの人は射精できないのではないか」という思いをさせてしまっていました。相手女性を傷つけさせないためにも、私は絶対に中折れしないようにしようと毎回心に決めてSEXに臨んでいました。

しかし、「失敗したくない」「相手女性を安心させてあげたい」という自身の気持ちは、逆に中折れに拍車をかけていきました。その為、SEXの際は相手女性を満足させられないまま中途半端に終わり、毎回その後は気まずい雰囲気になりました。



毎度中折れをしていた私は、実は毎日のようにオナニーしていたのです。しかも、AVやアダルト動画などを鑑賞しながらのオナニーでした。そんな私は、オナニーのし過ぎは中折れの原因になると聞き、SEX前はオナニーを我慢をするように心がけました。



また、力を入れ過ぎたオナニーが常習化してしまうと、SEXの際膣の感触だけでは物足りなくなり射精できなくなるという事も聞き、自身のオナニーの仕方を変えたりもしました。更に、動画を見ながらオナニーをすると特定の動画や写真がないと射精できなくなってしまうという話も聞き、暫く何も見たり聞いたりせずにオナニーにチャレンジしてみました。

初めのうちは、オナニーを禁止することや、何も見ずにオナニーし射精までもっていく事がなかなか難しく苦労しました。しかし努力の甲斐もあり、少しずつですが、女性とのSEXで中折れすることが少なくなっていきました。そして、SEXに対して自身が持てるようになっていきました。今では、2年前に結婚した妻と、楽しい夫婦生活を送っています。

そこで中折れを改善するアルギニンの効果について説明します。

アルギニンとペニスの関係
アルギニンというのはアミノ酸の中のひとつになります。
そしてアミノ酸の中でも体内で作ることができないものは必須アミノ酸といいます。必須アミノ酸は全部で9種類あります。下記に必須アミノ酸9種類を紹介しておきます。

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・トレオニン
・トリプトファン
・メチオニン
・リシン
・フェニルアラニン
・ヒスチジン

この9種類になります。必要量を摂るにはサプリメントを活用するのが望ましいです。
すこし脱線してしまいましたが、ここでアルギニンの効果について説明していきます。



アルギニンは外から入ってくる細菌や、内部で発生するガン細胞などに攻撃する働きがあります。
つまり、免疫力アップや疲労回復に効果があります。
そして、男性の活力を助けてくれるアミノ酸といわれています。性欲の減退にも効果が期待できるアミノ酸です。

しかしどうやってアルギニンを摂ればいいかわからないという方は多いかと思います。そこでアルギニンはどんな食べ物に多く含まれるのかを紹介していきます。
アルギニンは主に肉類、魚介類、豆類に多く含まれています。その中でも豚肉のゼラチンが最もアルギニンを摂取できる食品です。

ちなみに、豚肉100グラムで摂取できるアルギニンの量は7900mgです。次が大豆100グラムで6700mg摂取できます。
アルギニンの効果は先ほど記載したので、このような食品を優先して摂ると良いでしょう。では、アルギニンが不足してしまうとどのようなことが起きるのか?

先ほどの効果とは真逆のことが起こります。免疫力の低下や細菌の感染、生活習慣病の予防が期待できなくなります。また、男性機能活力も低下していきます。しっかり摂取しましょう。といっても1日にどのくらいの量を摂取したらいいかわからないですよね。

大体、1日に約1~8グラムの摂取が望ましいです。この量を摂ることで、体脂肪の減少や成長ホルモンの促進が期待できるので、ダイエットされる方や筋肉を増やしたい方も積極的に摂りましょう。
食べ物から摂るのがめんどくさい方などはサプリから摂取するのもおススメです

ページの先頭へ