中高年の中折れ対策、最後まで勃起力が凄いアルギニン精力剤!

中折れ 精力剤

目次
シトルリンで確実に中折れを解消できる理由
①勃起力を高める血流をアップ!→血流をアップさせることで 、フル勃起するための一酸化窒素を産出してくれます。

②一酸化窒素の産出の増加!→ペニスに流れ込む血液の量を増やしてくれますので、、勃起力とムラムラの増加に効果があります。
中折れ解消で得られるメリット!
①40代以上でも高い勃起力のまま性行為できる→20代と変わらない勃起力を実感できるのが、シトルリン摂取のメリットです。



②最後までフル勃起だからパートナーの満足度が高い→最初から最後までフル勃起で色々な体位ができますので、パートナーから褒め言葉が多くなります。

③性行為を2回から3回も楽しめるようになる→1回射精しても、ムラムラがずっと残っているので、1回目と変わらないまま性行為を楽しめます。
シトルリン配合No.1!精力剤のアプソルシンの効果
中折れ改善の効果を実感するために、アプソルシンを飲みました!


~~飲み始めて1週間~~
飲み始めて性欲増加と共に明らかなペニスの勃起力を実感しました。
自然と射精量の増大も感じることができ、自信のあるペニスを手に入れることができます。

  1. アプソルシン

    ペニス増大 5.0
    勃起改善 5.0
    即効性 5.0
    価格:
    12,000円(税込)
    容量:
    1箱
    30日分 3箱買うと、もう1箱無料!

    ・飲んだ次の日にペニスの変化を実感!
    ・3日、1週間飲んで確実に中折れが改善した!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    中折れ解消に欠かせないのがシトルリンとアルギニン。
    そのシトルリンとアルギニンの配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「アプソルシン」です。

    そして私が今まで飲んだ精力剤の中で、勃起力を一番実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

中折れになった経緯

中高年男性には深刻な問題が「中折れ」ですが、若いセックス現役世代にとっては、自分は絶対に大丈夫と過信をしています。現に私もそうでしたが、30代後半から急に行為中に中折れを感じるようになってきたのです。



具体的な中折れの現象とは、
 ・勃起力が弱まる
 ・セックス行為中に勃起しなくなる
 ・セックス中に射精しなくなる

以上のように、男性としての性欲が弱くなり、それが男性器にモロに影響を与えることです。個人的にはこれら以外にも中折れの前兆として、
 ・朝立ちが弱くなる、しなくなる
 ・オナニーをしなくなる
 ・食欲が落ちる
 ・性欲もなくなっていく

これらも中折れになる前触れのような気がします。高校生や大学生の時などは、常にスケベな事を考えて、彼女とも何度も求めあうものですが、次第に回数が減っていき、30代に突入すると、仕事の忙しさやストレスなど様々な理由が要因となり、次第に中折れ気味になっていくものです。

ここで大事なのは、中折れになる事が仕方がないと諦めるのか、それとも自分はまだ若い者に負けない体力や性欲があると、踏みとどまるかの選択となります。



ハッキリ言うと、中折れ気味や中折れになった方が、ある意味で楽ですよね。セックスは気持ちが良いですし興奮するものですが、長年連れ添った奥さんとはしたくないですし、風俗や女遊びをするのはお金が掛かる。

それなら中折れを受け入れて、「男としての人生は終わった」と妥協する方が経済的なのです。でも、30代や40代で、中折れになったぐらいで、残りの人生はセックスをしないのは、あまりにも寂しくて悲しくないですか?

中折れは単なる風邪みたいなもので、やる気があれば回復して元通りの勃起してセックスを楽しむ事も可能となります。その方法は色々ありますが、例えば病院に通う、サプリを飲む、運動をしてお酒を控える等も効果があるとされています。

個人的には、セックスをする際に、男性器を挿入する事ばかりを考えずに、キスなど愛撫を中心にする方法に変化をする事をお勧めします。そして、前日からお酒を少なくして睡眠を多くとるなど、体調管理をするのです。

これだけでも、中折れを治す事が可能になります。次に中折れを改善し、勃起力を高めるアルギニンについて説明します。

アルギニンとペニスの関係
アルギニンは人体を形成するたんぱく質を作るアミノ酸の1種類です。アミノ酸には20種類あり、その中で体内で作り出せないものは9種類あり、必須アミノ酸と言われ、全てを食事等外部から摂る事が必要なアミノ酸です。



アルギニンは、必須アミノ酸ではありませんが、体内で作り出せる量が極めて少ないため、必須アミノ酸同様に不足分は外部から補ってやる必要性が高いアミノ酸で、準必須アミノ酸と呼ばれたりします。

このアルギニンの人体に対する効果としては、まず成長ホルモンの分泌を促す働ぎが挙げられます。脳下垂体から分泌される成長ホルモンの分泌を促し、病気にかかりにくい体を形成する事に効果を発揮しています。

またアルギニンは体内の免疫細胞であるマクロファージが活性化するよう働きかけ、それによって免疫力を高めて、こちらも病気に掛かりにくい身体の形成に効果を発揮します。



アルギニンには、その他に血中アンモニア濃度を低下させる事で疲労回復の働きをしたり、冷え症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など生活習慣病の予防効果も期待されますし、さらに角質層を保湿する効果がある事から、美肌効果もあります。

そしてアルギニンには男性機能を高める効果もある事が知られています。男性の性欲の減退や活力の低下を改善する効果があり、男性機能を高めるアミノ酸でもあるのです。
またアルギニンは血行促進効果があり、それによって精子の量を増やす事も期待される成分なのです。

人体に様々な効果をもたらし、身体にとっては不可欠のアルギニンですが、先にも記載した様に体内で作りだされる量は少なく、特に幼児期と40代以降では十分に作り出されず、不足しがちであると言われています。

アルギニンが多く含まれる食材としては、肉類や魚介類や豆類に多く含まれており、こうした食材をしっかりと摂取する事が大切です。
それでも疲労感が抜けない場合や、精力が減退していると感じる場合には、サプリメントで補給してやることも必要と言えます

ページの先頭へ