中折れはバイアグラで解決できる 薬の効果を最大限出すには?

 
中折れ 精力剤

目次
シトルリンで確実に中折れを解消できる理由
①勃起力を高める血流をアップ!→血流をアップさせることで 、フル勃起するための一酸化窒素を産出してくれます。

②一酸化窒素の産出の増加!→ペニスに流れ込む血液の量を増やしてくれますので、、勃起力とムラムラの増加に効果があります。
中折れ解消で得られるメリット!
①40代以上でも高い勃起力のまま性行為できる→20代と変わらない勃起力を実感できるのが、シトルリン摂取のメリットです。



②最後までフル勃起だからパートナーの満足度が高い→最初から最後までフル勃起で色々な体位ができますので、パートナーから褒め言葉が多くなります。

③性行為を2回から3回も楽しめるようになる→1回射精しても、ムラムラがずっと残っているので、1回目と変わらないまま性行為を楽しめます。
シトルリン配合No.1!精力剤のアプソルシンの効果
中折れ改善の効果を実感するために、アプソルシンを飲みました!


~~飲み始めて1週間~~
飲み始めて性欲増加と共に明らかなペニスの勃起力を実感しました。
自然と射精量の増大も感じることができ、自信のあるペニスを手に入れることができます。

  1. アプソルシン

    ペニス増大 5.0
    勃起改善 5.0
    即効性 5.0
    価格:
    12,000円(税込)
    容量:
    1箱
    30日分 3箱買うと、もう1箱無料!

    ・飲んだ次の日にペニスの変化を実感!
    ・3日、1週間飲んで確実に中折れが改善した!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    中折れ解消に欠かせないのがシトルリンとアルギニン。
    そのシトルリンとアルギニンの配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「アプソルシン」です。

    そして私が今まで飲んだ精力剤の中で、勃起力を一番実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

中折れ対策のバイアグラ効果について

勃起力が落ちてきて男としての自信を失っていませんか?「途中で萎れてしまう」「中折れになり力が弱い」など。男として情けない気持ちにもなりますよね。でも諦めなくても大丈夫ですよ。バイアグラを飲めば力強い勃起が戻ってきます。

バイアグラの飲むタイミング


 バイアグラを飲むにしてもせっかくだから効果を大きくしたいですよね。効果を最大限出したいのなら飲むタイミングが大事になります。

 バイアグラを飲んでから、バイアグラの効果は1.5時間前後にピークを迎えます。つまりはバイアグラを摂取してから1時間後ぐらいかセックスをするタイミングとしてはいいでしょう。



効果自体は約4時間から5時間程度になりますが、ピークになる時間を考えてエッチのタイミングをはかりましょう。服用してから30分から40分程度たつとバイアグラは効果を発揮しだします。

・お腹を空かせておくといい
 バイアグラを飲む時に重要になる事はお腹を空かせておく事です。食事をしてからバイアグラを飲んでしまうと胃の内容物に邪魔されて薬の成分を上手く吸収できないからです。

 できるだけ空腹時に服用する事が望ましいのです。もしも食事をした時には最低でも2時間程度は時間を置いてからバイアグラを飲みたいところです。



・飲酒は感覚が鈍ってしまう
 飲酒が過度になると勃起障害は悪化すると言われています。理由は感覚が鈍くなるためです。飲酒の影響で勃起させる神経も鈍ります。
 したがって飲み過ぎはいけません。しかし、適度な飲酒は心をリラックスする事ができるので、かえっていいです。

・バイアグラは耐性はつかない
 薬は長い期間飲んでいると耐性がついてきて、効かなくなるとよくいわれています。しかし、バイアグラの場合は耐性がつく事はないので気にする事はありません。
 バイアグラの効果がないと感じる人の多くは飲むタイミングなどが間違えています。

・まとめ
 途中で勃起が萎えてしまう中折れなどの症状は男にとっては屈辱ですね。エッチの時に雰囲気も台無しになりますし、彼女や奥さんからも「私の事女として見てないんだわ」と不信感をもたれます。
バイアグラを正しいタイミングで服用して反り返るほどの勃起を取り戻しましょう。

次にバイアグラ以外に、中高年の中折れ改善に有効なアルギニンについて説明します。
アルギニンとペニスの関係
アルギニンというのは薬である前に、まずアミノ酸であるということを理解してほしいと思います。
必須アミノ酸の1つであり、これは体内で合成されにくいため食物から摂取する必要があります。
アルギニンの体内での代謝回路は複雑ですが、簡単に説明いたしますと、ほとんどのアルギニンの経路はこのようになります。



すなわち、アルギニンをオルニチンに変換する際に窒素原子はとれ、尿素となります。
尿素の分解は尿素サイクルによってなされますが、オルニチン自体はさらに分解、くわえて修飾を受け、アルギノコハク酸になります。



アルギノコハク酸は最終的にはアルギニンに戻ります。これを尿素回路といいます。
尿素回路はじゅんぐりの回路であり、一定を保ちます。恒常性があるといいますが、すなわちアルギニンを接種すればこの回路はどんどん大きくなっていくということです。

そのため摂取したアルギニンは適宜分解を受けて消費していく必要性があります。
これがNOSという酵素の役割であり、この酵素の役割はNOを産むことです。
NOは血管拡張作用を持ちます。

NOのために血圧は上昇し、陰茎海綿体に血液が多く流れ、興奮状態になるといいます。
これがアルギンを接種することによるED対策の大きな生化学的な役割なのですが、これはあくまで陰茎を絶たせるための初動効果しかもちえない。勃起のメカニズムは医学の専門家でなければ真に理解することはできません。

勃起は常にしているわけにはいきませんよね?
もちろん勃起しなくてはいけない時に勃起するようなものがEDの対策としていみがあります。
バイアグラは世界で唯一かつ世界最高峰のED治療薬です。
バイアグラは勃起を維持させる意味をもちます。



この点においてアルギニンはバイアグラには勝てないのです。

まとめますとバイアグラは勃起を収縮させようとする効果のある伝達リガンドを阻止します。これによって勃起が維持されます。アルギニンは勃起の初期状態を作ることには十分意味はあると言えましょう。

ページの先頭へ