中折れ対策にレビトラ、シアリス、アルギニンをおすすめする理由

中折れ 精力剤

目次
シトルリンで確実に中折れを解消できる理由
①勃起力を高める血流をアップ!→血流をアップさせることで 、フル勃起するための一酸化窒素を産出してくれます。

②一酸化窒素の産出の増加!→ペニスに流れ込む血液の量を増やしてくれますので、、勃起力とムラムラの増加に効果があります。
中折れ解消で得られるメリット!
①40代以上でも高い勃起力のまま性行為できる→20代と変わらない勃起力を実感できるのが、シトルリン摂取のメリットです。



②最後までフル勃起だからパートナーの満足度が高い→最初から最後までフル勃起で色々な体位ができますので、パートナーから褒め言葉が多くなります。

③性行為を2回から3回も楽しめるようになる→1回射精しても、ムラムラがずっと残っているので、1回目と変わらないまま性行為を楽しめます。
シトルリン配合No.1!精力剤のアプソルシンの効果
中折れ改善の効果を実感するために、アプソルシンを飲みました!


~~飲み始めて1週間~~
飲み始めて性欲増加と共に明らかなペニスの勃起力を実感しました。
自然と射精量の増大も感じることができ、自信のあるペニスを手に入れることができます。

  1. アプソルシン

    ペニス増大 5.0
    勃起改善 5.0
    即効性 5.0
    価格:
    12,000円(税込)
    容量:
    1箱
    30日分 3箱買うと、もう1箱無料!

    ・飲んだ次の日にペニスの変化を実感!
    ・3日、1週間飲んで確実に中折れが改善した!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    中折れ解消に欠かせないのがシトルリンとアルギニン。
    そのシトルリンとアルギニンの配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「アプソルシン」です。

    そして私が今まで飲んだ精力剤の中で、勃起力を一番実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

中折れ治療薬の紹介

中折れの薬には、以下のような物があります。

一つ目は、「レビトラ」。

ED治療薬であり、日本ではバイアグラの次に認可されています。
中折れに効く薬として有名で、多くの処方実績もあるので安心して使える薬といえます。

レビトラは、勃起の持続と硬さに定評があるので、大きな中折れ改善効果が期待できます。
1錠服用するだけで中折れが改善されるので、それまで悩んでいたのがウソのように思える人も少なくありません。



効果が出るのも速く、服用してから15~20分ほどで勃起してくれるので、急に性交する状況になっても慌てずに済みます。
また、バイアグラはアルコールなどで効果が薄れるという欠点があったのですが、レビトラはその辺が改良されており、影響を受けにくくなっています。

二つ目は、「シアリス」。

これは、日本で三番目に認可されたED治療薬です。
1錠で30時間以上も勃起を持続させることができますし、レビトラと同じくアルコールなどの影響も受けません。

デートの前などに服用しておけば安心ですし、効果が続く時間が長いので、2回戦に突入することもできます。



また、バイアグラやレビトラよりも副作用が少ないという所も利点といえます。

ただし、レビトラほど即効性はなく、服用してから薬の濃度が高くなるまで時間がかかるので、少なくとも1時間は空けたほうがよいでしょう。

三つ目は、「カマグラゴールド」。

これは、バイアグラのジェネリックとして開発されたED治療薬です。
バイアグラと同じ成分である「シルデナフィル」が含まれており、勃起力はバイアグラと同等でありながら、値段は5分の1~8分の1くらいとなっています。

ただし、バイアグラと同じくアルコールなどの影響を受けやすいので、お酒を飲みすぎた状態で服用するのは避けるべきです。



また、この薬は欧米の人が服用しても十分に効果が出るよう1錠が大きめになっているため、日本人がそのまま服用すると効果が出すぎることがあるので、2分の1もしくは4分の1くらいにカットして服用してください。

次に中折れ改善に有効な成分のアルギニンについて説明します。

アルギニンとペニスの関係
アルギニンは成長ホルモンの分泌を助ける働きがあり、ペニスを増大させる働きがあります。しかし、アルギニンだけでは効果が薄く、シトルリンを一緒に取らなければ効果がありません。



アルギニンが成長ホルモンの分泌を促す際、血液の乗せ体内に成長ホルモンを運ばなければなりません。その際に活躍するのがシトリンになります。

シトリンは血管を拡張させる効果があります。この作用が成長ホルモンを体内の運ぶ際に大いに役立つ訳です。また、体内では、アルギニンはシトリンへ、シトリンはアルギニンへと言ったように相互関係にあり、お互いが変換されます。



アルギニンが成長を促す作用があることはわかりました。ですが、副作用はあるのかといわれると、過剰に摂取すれば副作用は起こります。ですが、食品で過剰摂取することはまず不可能と言えます。



サプリを使用しての過剰摂取の場合は20グラムから30グラム以上のアルギニンを摂取している方は副作用が起こる範囲の摂取量となります。逆に9グラムまでが一般に人間が摂取してよいアルギニン様となります。

アルギニン過剰摂取による副作用は、頭痛、嘔吐、下痢、といった副作用が現れます。副作用の症状の多くは胃腸障害が主な副作用となります。



他にペニスを増大させるのに必要な栄養素としてはアルギニン、シトリンと一緒に亜鉛を摂取することで性機能を高める効果があります。ペニスの増大のために絶対にしてはいけないことは、アルギニンだけ配合されたサプリの使用は効果が無いので服用は避けるべきです。

ペニスを増大させるのであれば、アルギニンの他にシトリン、亜鉛といった必要な栄養成分が配合されているサプリメントを使用すると良いでしょう。



ちなみに食品でアルギニンとシトリンを摂取しようと考えているのであれば、それはおすすめできません。その理由はアルギニンとシトリンが多く配合されている食品の多くがたんぱく質が多く脂質が多いため、過剰に摂取すると肥満となる恐れがあるからです。

ページの先頭へ