中折れという深刻な悩みとその解決方法

中折れ 精力剤

目次
シトルリンで確実に中折れを解消できる理由
①勃起力を高める血流をアップ!→血流をアップさせることで 、フル勃起するための一酸化窒素を産出してくれます。

②一酸化窒素の産出の増加!→ペニスに流れ込む血液の量を増やしてくれますので、、勃起力とムラムラの増加に効果があります。
中折れ解消で得られるメリット!
①40代以上でも高い勃起力のまま性行為できる→20代と変わらない勃起力を実感できるのが、シトルリン摂取のメリットです。



②最後までフル勃起だからパートナーの満足度が高い→最初から最後までフル勃起で色々な体位ができますので、パートナーから褒め言葉が多くなります。

③性行為を2回から3回も楽しめるようになる→1回射精しても、ムラムラがずっと残っているので、1回目と変わらないまま性行為を楽しめます。
シトルリン配合No.1!精力剤のアプソルシンの効果
中折れ改善の効果を実感するために、アプソルシンを飲みました!


~~飲み始めて1週間~~
飲み始めて性欲増加と共に明らかなペニスの勃起力を実感しました。
自然と射精量の増大も感じることができ、自信のあるペニスを手に入れることができます。

  1. アプソルシン

    ペニス増大 5.0
    勃起改善 5.0
    即効性 5.0
    価格:
    12,000円(税込)
    容量:
    1箱
    30日分 3箱買うと、もう1箱無料!

    ・飲んだ次の日にペニスの変化を実感!
    ・3日、1週間飲んで確実に中折れが改善した!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    中折れ解消に欠かせないのがシトルリンとアルギニン。
    そのシトルリンとアルギニンの配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「アプソルシン」です。

    そして私が今まで飲んだ精力剤の中で、勃起力を一番実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

中折れになった経緯

中折れで悩んでいる男性は、大変多いです。ペニスに関する悩みは、他にも色々あります。その中でも、中折れは一番多いと言われています。どういう状態かというと、勃つ事は可能です。EDのように、全く反応しない訳ではありません。多少は勃つ訳ですから、行為自体も可能です。しかし肝心な時に、なかなか強さを発揮してくれないのです。



というのも中折れの状態ですと、クライマックスに達する事ができません。中途半端に勃つ状態なので、男女共に気まずい思いをしてしまう傾向があります。女性側からすると、「私では満足できなかったのか」と思われてしまう事もあります。男性の場合は、満足行く結果にならない上に、情けない思いをしてしまう事もあります。とても深刻な悩みなのです。

しかし中折れの悩みは、解決する事もできます。原因は、ある程度明確です。たいていはホルモンが原因なのです。男性が興奮した時には、男性ホルモンも分泌されています。ところが人によっては、その分泌量が少ないのです。特に年齢が高めな男性は、その傾向が顕著です。若い頃と比べると、新陳代謝の衰えを実感している男性も多いです。という事は、男性ホルモンの分泌を流す必要があります。

どうすればホルモン分泌の量を増やせるかというと、やはり精力剤を服用すると良いでしょう。中折れならば、シトルリンやアルギニンあたりを含んでいる精力剤がおすすめです。ホルモン分泌を促してくれるからです。また精力剤によっては、亜鉛を含んでいる事もあります。食品から摂取するのは難しい成分なのですが、それもホルモン分泌に影響を及ぼすのです。



それとホルモン分泌に関わる食品を摂取するのも、有効です。具体的にはウナギや牡蠣などの食材があげられます。ただしウナギなどを毎日のように摂取するのは、あまり現実的ではありません。販売価格も高めですし、毎日続けるのは少々厳しいでしょう。中折れの悩みがある時には、たまにウナギなどの食材を摂取しつつ、精力剤を服用し続けるのがおすすめです。

スクワットとペニスの関係
スクワットは場所もとらず、お金もかからず、いつでもどこでも出来る効果的な筋トレです。

何度もテレビや書籍、ネットでも利点が紹介されていて、特集を目にする度に取り組んできました。
やり方を見てやっているつもりなのですが、数日経つと膝が痛くなって出来なくなってしまいます。
その度挫折して、またチャレンジして膝を痛める、という事を複数回繰り返していました。

ある日書店で「世界一やせるスクワット」という本を見つけました。
今度こそ正しいフォームを身につけて、膝を痛めずスクワットに取り組めるのではないか?
そんな気持ちで購入しました。

1回につき10回連続でスクワットをし、30秒から1分インターバルを置いて10回1セットで3セット行う、と書かれていました。
胸の前で腕をクロスし足を肩幅に開き、膝が足より前に出ないようにお尻を落とすように行う、と説明があり、分かりやすい写真も載っていました。

本に載っていた通りに3セットを1日おきに行いました。
初めて行った翌日は太ももが筋肉痛になり、10回×3セットしかしていないのに、こんなに効果が出るんだと驚きました。

本には1日おきにスクワットをして、間の日はストレッチを行うと記載がありましたが、私は足の衰えを防止する目的の方が強かったので、1日おきに10回×3セットのスクワットのみを行いました。

3ヶ月ほど続けましたが、まったく膝が痛くなりませんでした。

スクワットは、胸の前で手をクロスする・腕をまっすぐ前に伸ばす・頭の上で手を組むなど、様々な方法がありますが胸の前で手をクロスする方法がいちばん負荷が少なく、初心者にはやりやすいのではないかと感じました。

隙間なくぴったりとくっついていた太ももが若干引き締まり、内ももに隙間を感じるようになった事、歩くことが苦手だったのに、ウォーキングを心地よく感じるようになった事がとても嬉しいです。

正しいフォームで行えば膝は痛くなりません。
膝が足より前に出ないように気を付ける、これがコツだと思います。

ページの先頭へ