亜鉛と精子、精力剤との関係性

精子の量 精力剤

亜鉛豊富な精力剤の3大効果
① 精子の量&性欲増大の効果
② ペニス増大の効果
③ 勃起改善の効果
→亜鉛は積極的に摂るのは難しいですが、精力剤で手軽に上記の効果を実感できます!
目次
有名な亜鉛精力剤!エナジンクの効果!
  1. エナジンク

    即効性 5.0
    精子の量UP 5.0
    亜鉛配合量 5.0
    価格:
    9,980円(税込)
    容量:
    1箱60日分 魅力的なキャッシュバックプランもあり!

    ・エナジンクで即日でペニスの変化を実感!
    ・1週間、1ヶ月飲んで確実に精子のドバドバ感を実感!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    亜鉛の効果は、物凄い精子のドバドバ感。
    その亜鉛の配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「エナジンク」です。

    そして私が今まで飲んだ精力剤の中で、一番ドバドバの効果を実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

コラム① 亜鉛と精力には密接な関係性がある

男性器の機能を向上させるうえで大変効果的な成分があります。それは亜鉛です。亜鉛は精子や性ホルモンの生成と密接な関係性があり、日常生活の中で適切な亜鉛摂取ができている方は精力減退に悩まされることがありません。



逆に言えば、最近ちょっと下の調子が悪いなあ、と感じている方は亜鉛不足に陥っている可能性が十分に考えられます。そういった場合にはぜひ亜鉛の摂取を検討してみてください。

ちなみに亜鉛がたくさん含まれている食材としては、第一に牡蠣が挙げられます。牡蠣には100g当たり15gもの亜鉛が含まれており、他の食材を寄せ付けません。ですので、精力減退に悩まれている方は牡蠣を積極的に取り入れましょう。

その際、ちょっとした工夫を用いることで、より一層効果的な亜鉛摂取が実現するのでぜひ試してみてください。その工夫とは、ずばりレモンの活用です。

レモンと牡蠣の食べ合わせは非常によく、一緒に摂取することで亜鉛の吸収力が劇的に高まります。これによって、より一層スムーズな精力向上が期待できるようになります。

とはいえ、日々の食生活に牡蠣を用いるのは、それはそれで大変なことです。まず季節的な食材であることから、シーズンオフの期間にはなかなか手に入らなくなります。加えて、調理が面倒というのは牡蠣の一番のネックになってくるんですよね。

何より、毎日牡蠣を食べるとなると当然のことながら飽きてしまいますし・・。そんな時にぜひ活用したいのが亜鉛サプリメントです。巷には多種多様なサプリメントが展開されていますが、その中には亜鉛サプリメントも存在します。

サプリメントなら調理の必要もありませんし、飽きる心配もありません。いつでもどこでも手軽に摂取できるので理想的な亜鉛摂取法だといえるでしょう。

価格も手ごろですし、精力減退に陥っている方はまずはココから試してみるのがいいでしょう。きっと効率的に精力減退が改善し、かつてのような有意義な性生活が送れるようになることでしょう。

コラム② 亜鉛でペニスは元気になる
ペニスは若いときは元気ですが、その元気も年々減っていきます。そんなときに精力剤を飲む人もいますが、実は亜鉛で回復させることも可能です。



男性の精子の中には大量の亜鉛が含まれています。亜鉛は精子を製造する上で欠かせない栄養素です。しかし一回の射精で約2~4㎎の亜鉛を消費してしまいます。20代男性の一日推奨亜鉛摂取量は9㎎とされています。

そのため一回の射精で1日に必要な数十%を消費してしまいます。これでは精子の製造にも大きく関わってきます。また精子の製造と性欲・勃起力は密接な関係にあります。

特に亜鉛は男性ホルモンとも関係性が深いです。男性ホルモンの量と性欲はある種比例しているとと言われています。その男性ホルモンは男性機能に関わるため全てが繋がっています。

実際に勃起力が落ちた・持続しないという方・ED傾向という方も亜鉛を積極的に摂取するだけで回復したというケースも多いです。また精子の製造にも関わっており、射精時の精子の量が増えることも報告されています。

そのため亜鉛は男性にとって欠かさないセックスミネラルとまで言われるほどです。実際に亜鉛を取り込むにあたり、亜鉛はサプリメントでも食べ物でも摂取することができます。

サプリメントは専用のものもありますが、手軽に手に入るものであればDHCサプリメントでしょう。食べ物では代表的なものとして牡蛎があげられます。

他にも亜鉛を含む食べ物はたくさんありますが、そのなかでも群を抜いて多いです。成人男性の1日にに必要な亜鉛摂取量は牡蛎100グラム程度で補えます。
またサプリメントと違い、人工的な手が加えられずに食べられるため、新鮮な亜鉛や他の栄養素を取り入れることも可能です。

しかし亜鉛は1度に大量に摂取するのではなく、適量を長期間摂り続けることで体内で亜鉛が満たされた状態を維持できます。

それを考えると毎日牡蛎を摂取するよりも手軽なサプリメントの方が利用率は良いようです。もしペニスに不安があるというかたは迷わず亜鉛を試してみましょう。その悩みは亜鉛で十分解消できるかも知れません。

ページの先頭へ