トンカットアリと精子、精力剤との関係性

精子の量 精力剤

目次
トンカットアリは精力増進に効くのか?

トンカットアリという名前を聞いて、精力剤に使われている成分だということを思い浮かべる人は少ないと思います。

トンカットアリは、マレーシアの先住民が、古くから使用してきた天然ハーブで、性力増強、媚薬効果、切り傷、化膿、熱、マラリアなどのケガや病気に対する免疫力増強、治療薬として使われてきた歴史があります。

このようにマレーシアの先住民に薬草として使われてきたトンカットアリですが、そのハーブとしての効能に着目して、マレーシア国立マレー大学のジョハリ・サード博士の研究チームがトンカットアリ根部に含まれるエキスを水抽出して真空凍結乾燥する技術を開発しました。

水溶抽出エキスの成分は、フェノール成分、タンニン、高分子重量多糖類、糖タンパク、粘多糖類などが多く含有されると共に、ユーリコマノン、グリコサポニンといった活性成分を含んでいることが研究結果で明らかになりました。

トンカットアリは、臨床試験も行われていて、トンカットアリを摂取してない場合に比べて、トンカットアリを摂取している場合は、精子量、精子密度ともに上昇したという研究結果で、性欲に関しても、実に20%程度の被験者が、性欲に関して上昇した、という結果になっています。

トンカットアリは、精力増強、筋力増強、ホルモン分泌の安定に効果があると言われていますし、天然ハーブが主原料ですので、男女どちらでも摂取することが出来るのも特徴です。

トンカットアリは、東南アジア原産ですので、精力剤サプリとしては、比較的安価に手にすることが出来ますが、キチンと栽培されているものを使っている信用できるサプリメーカーを選んだ方が良い結果になります。
色々なサプリを手掛けているDHCからも「DHCトンカットアリエキス30日分」というサプリが発売されています。

DHCのサプリの良いところは、一袋で何日持つのか、というのが一目でわかるようになっていることです。何日分かが書いてあれば、購入計画も立てやすいですから重宝します。
DHCは、サプリメーカーとしては、メジャーですので、成分的にも信用が出来ると思います。

トンカットアリは精力剤によく使われる その理由と効果とは?
精力剤にはいろいろな成分が含まれていますが、トンカットアリはいろいろな精力剤に配合されている成分です。たくさんの精力剤に使用されるという事には理由があります。ここでは精力剤に含まれるトンカットアリについて知りましょう。


・トンカットアリとは
 トンカットアリとは熱帯雨林に生えているニガキ科の植物の事です。東南アジアに生息します。現在精力剤に使用されているトンカットアリは野生の植物からとられています。。


・トンカットアリの健康回復効果
 炎症でできた腫ものや潰瘍、歯肉出血などはトンカットアリで治す事ができます。理由はトンカットアリに入っているポリサッカライドといわれる成分の効果が免疫力向上をする力があるためです。。


・ホルモンバランスを調整する力
 トンカットアリにはホルモンバランスを整える作用もあります。ある程度の年齢になると、性ホルモンの分泌が上手くいかなくなり乱れが生じます。
 そのため、男でも更年期障害などが起きたりするのです。トンカットアリならホルモンバランスの崩れを整える力があるので、倦怠感や不安感なども軽減されます。


・男性機能がアップする
 トンカットアリにはアルギニンが入っていますが、アルギニンの力は成長ホルモンの促進です。また体内で一酸化炭素の生成もサポートするので、一酸化炭素の効果が高まり平滑筋を弛緩して男性器に血が流れ込みやすくします。

 そのため、血流が活性化してペニスに対して血の巡りが良くなり勃起力が高くなります。また細胞も代謝が活発になり体が元気を取り戻します。
 

・トンカットアリには副作用はない
 トンカットアリ自体は食品になるほどなので、副作用は基本的にはないです。しかし、稀ですが中にはトンカットアリがアレルゲンになりアレルギー反応を起こす人もいます。
 また過剰摂取はいけません。摂り過ぎては健康を悪くする事があるので注意が必要です。


・まとめ
 トンカットアリはいろいろな精力剤に含まれています。精力を上げるための効果が複数あるので、それだけ効果を期待されて精力剤に配合されているのです。
 トンカットアリを含む精力剤を試して実際に効果を実感してみましょう。

ページの先頭へ