マカDXと精子、精力剤との関係性

精子の量 精力剤

目次
マムシの優れた精力増強効果

マムシには優れた精力増強効果があり、精力剤としても多く活用されています。
マムシには精力増強には欠かせないタウリンが豊富に含まれています。

精力剤と名の付く商品ならばまず確実にタウリンが含まれています。
タウリンには亜鉛が消費されるのを抑える働きがあります。

亜鉛は男性にはとても大事な成分で、精子の生成や勃起に関係するテストステロンという男性ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。
そのため精力増強にはこのタウリンが欠かせないのです。

そしてマムシにはタウリンだけではなくアルギニンも多く含まれています。
このアルギニンもタウリン同様に精力増強に欠かせない成分で、精力剤には必ず含まれているものです。
アルギニンは血管拡張作用を持っています。血管が拡張するということはそれだけ血流もアップするということです。
勃起は血液の流れと大きく関係しています。血流がアップすればそれだけ力強い勃起を得ることができますし、硬さに関しても血流が多く流れればそれだけ硬くなります。

アルギニンを摂取すればそれだけペニスに逞しさを与えられるので、性行為の前に摂取することで満足できる営みを行うことができます。

また、アルギニンと同じく血流アップを促すペプチドという成分も含まれています。
ペプチドはマムシの筋肉や内臓に含まれていて、血流アップに加え、血流を改善する働きまで持っています。
血流がアップすることにより、勃起にかかる時間を短くし、血流の改善により、通常時でもペニスに血が多く流れやすくなるので、男性器自体のサイズアップにも役立ちます。


マムシにはこうした精力増強効果の他にも滋養強壮効果、肝機能の向上効果、動脈硬化の予防など健康に嬉しい効果がいくつもあります。
体力も精力も年齢と共に衰えていきます。特に精力のピークは20代前半と言われていて、それ以降は右肩下がりに衰えていきます。
精力の衰えを感じた場合ももちろんですが、体力の衰えも精力の衰えに繋がるので、長く男性としての自信を保つためにも、体力の衰えを感じた際にはマムシ入りの精力剤で対策してみると良いでしょう。

マムシと精力剤の関係について
マムシは毒蛇として有名ですが、一方で精力剤の原料としても有名です。
では、その効能などについて見て行きましょう。

1.マムシについての基礎知識

マムシは、クサリ蛇科マムシ属の蛇であり、上述のとおり毒を有しています。
小さければ45cmほど、大きければ1mほどにもなります。
南の方に生息しているというイメージがありますが、本州や北海道などにもおり、日本全国に生息しているといえます。

ちなみに、沖縄の毒蛇として有名な物に「ハブ」がいますが、毒性の強さはマムシのほうが上です。

2.マムシの効果

マムシは、滋養強壮に効果のあるアミノ酸を多く含んでいるため、疲労回復・動脈硬化の予防・冷え症の改善・血行の促進などの効果があります。
これらのうち、血行の促進は勃起力につながるので、精力剤として使われているのです。

また、マムシの肝臓にはタウリンが含まれていますが、これには肝機能を向上させる働きがあります。
肝機能が向上することで、体全体の機能も向上することになります。

3.マムシの成分

マムシの主な成分はタンパク質ですが、その中には精力増強効果があることで知られているアミノ酸である「アルギニン」をはじめとして、上述したタウリンや不飽和脂肪酸である「リノール酸」や鉄分・カルシウムなども含まれています。
これらの成分からは、精力自体を向上させるというよりは、興奮や性欲を向上させる効果のほうが高いといえます。

4.マムシの副作用

マムシにはご存じのとおり毒がありますが、加工する段階で大半の毒が抜けているので、粉末やサプリとして摂るのであれば外はありません。
今のところ、マムシを大量摂取して副作用が出たというケースも報告されていません。

とはいえ、どんな物でも過剰摂取はよくないということは事実です。
マムシに含まれている成分の一つにリノール酸がありますが、これは体によい働きをもたらしてくれる反面、摂取しすぎると善玉コレステロールを減らしたり、アレルギーを引き起こしたりしてしまいます。
精子増量を実感できるサプリメント
最終手段で、精子増量を実感できるサプリメントを使うのもお勧めです。



精子増量を実感できるヴォルスタービヨンドはコチラ!

ページの先頭へ