クラチャイダムと精子、精力剤との関係性

精子の量 精力剤

目次
人気が高いクラチャイダムの精力剤

精力剤サプリは、即効性はありませんが、長く服用する事で老化を防止し、活力を復活させる事で夜の方も元気にすると言うものです。

この精力剤の主成分は、昔から世界のどこかで滋養強壮・精力増大の食物として愛用されていたものを、現代科学のメスを入れて、服用し易いサプリとしたものが中心です。

そんな中でも、最近急速に人気が高まっているものとしてクラチャイダムがあります。このクラチャイダムはタイでは1000年の昔から滋養強壮・精力増強の効果があるとして親しまれて来た食材です。ショウガ科の植物で、日本では黒生姜や黒ウコンと呼ばれています。

クラチャイダムにはアルギニン、リジン、フェニルアラニンチロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、グリシン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、マグネシウム、食物繊維、トリプトファン、ヒスチジン、アラニン、プロリン、シスチン、ナトリウム、アントシアニン、ポリメトキシフラボノイド、クルクミン等の数えきれないほどの有効成分を含んでおり、高齢者に活力を取り戻させる効果が期待されるのです。
自然由来の滋養強壮・精力増強効果があるとして知られているマカに対して、アルギニンを始め13成分の含有量が多く、それがマカを凌ぐほどんの人気となっている理由です。

クラチャイダムの効果としては、ED改善、性機能改善 、冷え症の改善、むくみの改善、滋養強壮、 生活習慣病予防改善、糖尿病予防改善、メタボ予防改善、アンチエイジング効果が期待され、まさに中高年にとっては非常に嬉しい効果ばかりといえます。

サプリは長く服用する事で効果が期待できるもので、それだけに副作用がないものが必須条件となります。クラチャイダムは、先にも記載した様に自然由来であり、服用量などを守れば、大きな副作用はありません。しかし稀に胃腸の調子を悪化させる懸念もあり、そんな時には医師や薬剤師に相談される事がお勧めです。
また多くの会社からクラチャイダムの精力剤が市販されていますが、長く服用するので衛生管理や品質管理が徹底された信頼できる会社の製品を購入する事も大切です。

精力が弱って来たとして、いざという時にED治療薬を使用される方も居られます。しかしこのED治療薬は服用した数時間のみ効果を発揮するもので、しかも循環器系の病気のある方には副作用が生じるリスクも高いものです。しかも根本治癒に対する効果はありません。

それに比べてクラチャイダムの精力剤は強制的に元気にするのではなく、若さと活力を復活させ、その結果として精力も高まるもので、正に中高年には最適なサプリと言えるのです。

クラチャイダムと精力剤の関連性について
クラチャイダムとは、東南アジア諸国のタイで栽培されている天然ハーブの事で精力剤として近年では認知されつつある天然由来の精力剤です。

少し前までは天然由来の精力剤としてマカがありましたが、そのマカの上位版であると考えてください。このクラチャイダムは日本でいう黒ショウガのことでショウガになります。ですので、ショウガにアレルギーのある方は注意が必要になる成分となります。

さて、クラチャイダムの主な効能ですが、クラチャイダムには高ヒスタミン作用があり、アレルギーを抑える役割があります。他には、クラチャイダムの成分にアントシアニンがあり、この有効成分こそ精力剤として使用されている、血行が改善することによるペニスの機能の回復効果に繋がるとされている有効成分です。

クラチャイダムを精力剤の有効成分と組み合わせることにより、新たな勢力剤を作り出している訳です。クラチャイダムを使用する訳は天然由来の成分であり、ショウガにアレルギーを持っている人で無い限り、クラチャイダムの効果自体がアレルギー反応を抑える働きがあります。
クラチャイダムのアレルギーを抑える効果と血流をよくする効果のおかげで勢力剤を新たに作る際に、天然由来成分同士を掛け合わせた際に、アレルギー反応を抑えることができるので安全な精力剤となりえるわけです。精力剤を使用する上で怖いのが副作用になります。

例を挙げるとバイアグラなどですね。マカやクラチャイダムは、バイアグラのように即効性はありません。ですが、毎日飲むことにより体の内から調子を整え、本来のパワーを取り戻すサプリとして使用します。この点がバイアグラなどの薬と違い、即効性は無いが、安全な方法で体を本来の元気な状態に変える事ができるのが、クラチャイダムのパワーになります。様は、一種の漢方薬といった部類であるといえます。漢方薬も即効性は無いが毎日服用することにより本来の力を発揮する薬となります。安全な精力剤の候補としてクラチャイダムは効果の期待できるサプリであると言えます。

ページの先頭へ