牡蠣エキスと精子、精力剤との関係性

精子の量 精力剤

目次
牡蠣エキスと精力剤について

牡蠣は日本国内で年間20万トン以上獲れることもあり、広島県や宮城県の水揚げ量が特に多く、岩手県、北海道、岡山県、福岡県などの水揚げ量も広島県や宮城県に次いで多くあります。このように日本国内で豊富に獲れる牡蠣から抽出される牡蠣エキスには、滋養強壮、精力増進など様々な効果が期待できます。

 牡蠣は、海のミルクと呼ばれるほど豊富な栄養を含んだ食材で、ナポレオンやビスマルクなど多くの歴史上の人物たちも好んで食してきました。しかし牡蠣は、細菌や貝毒などによって食中毒を引き起こすことでも有名ですので、安心して牡蠣の栄養を摂取できるようにするために牡蠣エキスが作られています。

 牡蠣エキスの製法としては、牡蠣を煮詰めて牡蠣エキスを濃縮生成する方法と、圧力酵素分解という方法があります。牡蠣エキスには、18種類のアミノ酸(タウリン、アスパラギン酸、アルギニン等)、4種類のミネラル(亜鉛、鉄、カルシウム等)、10種類のビタミン(ビタミンA,B1,B2,B6,B12,C等)、グリコーゲン、などの有効成分が含まれています。

 このような牡蠣エキスには、上記した滋養強壮、精力増進をはじめ、肝機能の向上、疲労回復、血液循環の向上、新陳代謝の活発化など、多くの効能効果を期待できます。特に牡蠣エキスは、精子の生成に必要な亜鉛(ミネラル)や、免疫力を向上させるタウリン(アミノ酸)を豊富に含んでいることから、造精機能や精力を向上させることができます。亜鉛が欠乏した場合、精子異常や生殖障害などを引き起こす可能性のあることが知られています。

 牡蠣エキスを多く含む精力剤として、ゼファルリンが知られています。ゼファルリンは、精力増強とペニス増大の2大効果を一度に得られる精力剤で、勃起力アップ、持続力向上の効果も期待できます。

 また、牡蠣エキスを多く含む精力剤として、海乳EXも知られています。海乳EXは、精力アップに欠かせないミネラルの亜鉛を多く含んでいて、精力増強、持続力向上、勃起力アップの効果が期待できます。

性生活に悩むあなたにおすすめ!
男性は30代も中ほどを過ぎると、体力が衰える、睡眠が浅くなる、集中力が低下するなど、様々な問題が体に起こります。これを読んでいる皆さんの中にも悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

特に男性として深刻になってくるのが性機能の衰えです。男性は加齢に伴い男性ホルモンであるテストステロンが低下することによって様々な身体の不調が生じるのですが、これが顕著に表れるのが下半身。テストステロンは男性らしい体つきや精力を維持するために必要なホルモンといわれていますが、これが減少すると勃起不全や精子量の減少など、性機能が障害されてしまいます。

男としてこれは死活問題。性生活も若いころのようにはいかなくなってしまいます
そこで、男性機能に悩んでいるあなたにおすすめなのが牡蠣です。
なぜ牡蠣なのでしょう。その理由は牡蠣に含まれる栄養素、亜鉛にあります。

亜鉛は別名「セックスミネラル」ともいわれ、テストステロンの分泌を促す効果があります。そして牡蠣は昔から海のミルクと言わるれるほど栄養が豊富なのはよく知られていますが、牡蠣にはこの亜鉛が多量に含まれています。牡蠣は天然の精力剤として男性の強い味方なのです。
それでは男の機能に困っている人は牡蠣をたくさん食べればいいと思うかもしれません。
ですがちょっと待ってください。それは確かにそうなのですが、少々問題があります。

成人男性1日あたりの亜鉛の摂取推奨量の9㎎と言われていますが、牡蠣の100g当たりの含有量は13.2mg。およそ牡蠣5個ほどで摂取できますが、毎日牡蠣を5個も食べるのは少々一苦労。
それにそもそも牡蠣は旬の食べ物。季節によってはそれなりに高価なもの。たくさん食べたくともなかなかそうできませんよね。
そこでお勧めしたいものがあります。
牡蠣エキスが含まれるサプリメントです。

希少な牡蠣のエキスを濃縮したサプリメントは数多くあり、どれも一日の摂取目安は3~4粒ほどで手軽に取れるほか、値段も牡蠣そのものに比べれば非常にお安いものばかり。
性生活に悩む男性のみなさん。この機会にお求めになってはいかがでしょうか。

ページの先頭へ