ガラナと精子、精力剤との関係性

精子の量 精力剤

目次 
ガラナと精力剤の効果について

ガラナと聞いて「何のこと?」「見た事も聞いた事もないぞ」という人も多いでしょう。
実はこれ、南米の熱帯地域で自生している滋養強壮剤の一種なんです。

ただ、なぜそのガラナというものが多く知られていないかと言いますと。本州以南はこのガラナという物質を使った飲食物が少ないという事情があります。
このガラナを大々的に売り出したのは北海道を拠点にするコンビニである「セイコーマート」というコンビニ会社が子会社に「セコマ」という会社を作り、そこで採算を抑えた状況で主に飲み物を安く作る事を目的に作られ、結果としてガラナが飲み物として出てきたという事情があります。

このガラナはカフェインも入っているのですが、ガラナという物質そのものに精力剤としての効果があります。その事で、昔は「コーラとかペプシで一息入れよう」という事だったものがいつの間にか、「ガラナで元気出して休憩が終わったらまたがんばるか!」という風に変わってきたという訳です。

この精力剤としての効果はバイアグラとかそういうほどの事はありません。それに依存症があるわけでもありません。そういう意味では気軽に疲労回復、体力増強が見込めるありがたい物と私は思っています。このガラナはかなり売れているそうです。しかもバックオーダーの事情を考えたら、まだまだ売れ行きにも十分見込め、十二分に採算が取れると思っています。ドリンク剤の様に飲むのはいいけど、のどの辺りで吐き気がもよおしたりするという事もありません。特にガラナは炭酸飲料ですからのど越しも十分楽しめます。

そう言ったことがいろいろあり、飲みやすいという大変貴重で味もおいしいとありますから皆さんにお勧めしたいです。一度騙されたと思って飲んでみてください。本当に元気になれます。「こんなものをなぜ今まで知らなかったのか」と思う位おいしく、飲みやすく、そして精力がつくという健康飲料に近いものがあります。ぜひ試してみてください。

ガラナも精力剤に活用される栄養価の高い植物です
精力剤サプリの主成分として自然由来で栄養価の高い植物としては、マカ、クラチャイダム、朝鮮人参等が有名ですが、実はガラナと言う植物も滋養強壮・精力増強に有効な成分を含んだものなのです。
ガラナはムクロジ科のつる植物で、原産地はブラジルのアマゾン川流域です。このガラナの褐色で光沢のある種子は直径1cm程度の球形をしており、この種子にはコーヒーの約3倍のカフェインを含んでいます。
果実からこの種子を取り出し、それを煎って粉に惹き、カカオやタピオカデンプンとともに水で練ってソーセージほどの円筒形にし、薫煙乾燥した赤褐色の硬い加工品が、飲用や薬用に利用される製品のガラナと呼ばれているものです。

このガラナの人体に対する有効成分としては、まずカフェインはゆっくりと吸収されるタイプのガラニンと言われる種類のもので、穏やかな覚醒効果をもたらします。
またテオブロミンと言う含有成分は、大脳を刺激して集中力や記憶力を高めてくれる効果があり、同時に自律神経に作用して精神をリラックスさせる効果もあります。精力剤ギムロットの記事はコチラ

さらに薬剤として活用されている成分としてテオフィリンという成分も含有しています。このテオフィリンは筋肉を弛緩させたり、気管支を広げたりする効能があるため、喘息の症状の緩和に効果があり、また中枢神経を興奮させる作用を持つため、性欲を増し、精力増強にも効果を発揮する成分です。
その他にもタンニンも豊富に含んでおり、生活習慣病を抑制したり老化を抑える効果も期待されています。

以上の様にガラナには色々な効能が期待されますが、緩やかな覚醒効果による疲労回復と、中枢神経を興奮させる性欲増強の効果を、他の自然由来の滋養強壮・精力増強に有効な成分等と合わせて精力剤サプリの成分として利用される事が多い成分です。
男性機能はまず脳が性的刺激を受けた時に興奮する事が必要で、ガラナはこうした反応を高める成分として特に優れており、これと若返りを図り身体全体に活力をもたらす成分と組み合わせて、いくつかの精力剤サプリが市販されています。

精力剤お探しの方!精力剤リペニアの記事はコチラ

ページの先頭へ