加齢と共に減っていく精子を増加させる方法

精子の量 精力剤

ホーム精子の量に関する記事一覧 → 加齢と共に減っていく精子を増加させる方法

目次
精子増量にはブロッコリーがいいの?

男性にとってペニスの大きさも大事ですが、精子の量も気になる人も多いらしいです。
せっかく気持ちよくなって射精したのに精子の量が少ないと不安や悲しい気持ちになると思います。
私も精子の量が気になる男性の一人で、若い頃は結構出ていたのに30歳を超えた頃から精子の量が減ってきている感じがします。
今までは精子を手に取るとドロっとした存在感があったのですが、最近は霧吹きで手に吹きかけた程度の量しかならず、改善方法を色々試しています。



精子の量が少なければ子供を作る事も難しいと言われており、私も将来子供が欲しいので精子の量をどうにか増えないか色々試した事がありました。

よく精子の量を増やす方法として、オナニーやセックスをしばらく控えると効果があると言われていますが、私も半年ほどオナニーやセックスを我慢しましたが劇的に精子が増えることはありませんでした。他にもたんぱく質や精力剤なども試しましたが、どれも精子の量は増えませんでした。

あまりにも精子の量が減ってきたので病院に通った事がありますが、はっきりした原因は判らずにいました。ただ一時期、ブロッコリーダイエットをしていた時には今までよりも精子の量が増えた感じがするので、私には「ダイエット」と「ブロッコリー」が効果があるのではないかと思っています。
確かに30歳を越えた頃から体重も100キロを超えるようになり、野菜よりも肉食中心のメニューになっていました。

たまたま健康診断で悪い結果が出たのでダイエットをする羽目になり、ブロッコリーがダイエットに良いとテレビでやっていたので実践をしたところ、2ヶ月でウエストを数センチ減らす事が出来ました。精子の量が減った原因が肥満だったかは判りませんが、どうやらダイエットとブロッコリーが私の体にはキーアイテムのようなので現在はブロッコリーダイエットを続けています。

ただし劇的に精子の量が増えた訳ではないので、これからも精子の量を増やすために自分にあった精子増量計画を試していこうと思っています。

精子増量に効果のあるスクワット
トレーニングする上で最も効果的なのは、大きい筋肉を動かす事です。スクワットは人間の体に備わっている筋肉の中で2番目に大きな筋肉を使用します、ですので体全体に運動効果のある非常に素晴らしいエクササイズです。



おすすめなのは誰でもすぐに始められるのはスクワット100回チャレンジです。足を肩幅より少し大きく開き、椅子に腰掛けるように腰を落とします。お尻を突き出すようにして、床までつかず膝が角度90度になるようなイメージを心がけます。

腕は振り子のように振ってもよいですし、胸の前でクロスしても良いです。腕をスクワットと同時に振る事で胸筋も鍛える事ができます、胸の位置も上がり一石二鳥です。

足の幅を広げる事で、太ももだけでなくお尻の後ろ側についた下がったお肉にも効果があります、または太ももの内側についた肉を鍛える事もできます。
足を開く角度が変わると違う部位を鍛えるられるので全体的にまんべんなく鍛える事ができます。

初めから100回は難しくてもまずは30回続けてスクワットしてみてください、その後少し休んでまた30回、その後は最後の気合いで40回行い合計100回になります。

まとまった回数を続けて行う事でより効果を発揮します。1週間もするとスクワット行うのが楽になります。そして1ヶ月するとお尻の位置が見違えるほどに変わって来るはずです。

お尻が引っかかって履きにくかったズボンがすんなり入り、キュッと上を向いている事に気がつくと思います。



より引き締めたい、体重を減らしたい方は、ウェイトを持ってスクワットをする事をお勧めします。ボディーウェイトだけでは体重を減らすことはなかなか難しいです。
ウェイトを使用する事でよい一層負荷がかかり、運動効果がアップします。

持ちやすいハンドルがついたケトルベルがお勧めですが普通のダンベルでもいいですし、なければお水をいっぱいに入れたペットボトルでも構いません。

持ちにくいようならリュックにいれて背負いながらスクワットをおこなう事もできます。スクワットは場所を取らず、簡単に誰にでも行える素晴らしいエクササイズです。皆さんもぜひ試してみてください。スクワットによるペニス増大の記事はコチラ

ページの先頭へ