精子をチェックして男性不妊を検査する

精子の量 精力剤

ホーム精子の量に関する記事一覧 → 精子をチェックして男性不妊を検査する

目次
男性不妊の種類

男性不妊の原因はさまざまですが、先天性と後天性のものがあります。

先天性の場合発育段階で影響を受けたり、遺伝的な要因によって性機能不全になるものです。
性機能不全は性的興奮や性的欲求が減退・欠如する状態です。
一方後天性の男性不妊はストレスや喫煙、アルコール、糖尿病、肥満、精巣の機能生涯、精子の産出などさまざまなものが考えられます。

その中でも精子を作り出す機能自体に問題があり精子をうまくつくれない造精機能障害は、精子の数が少なかったり運動性が乏しいため卵管にまで精子が到達することができず妊娠に至りません。
造性機能障害には無精子症や乏精子症、精子無力症があります。

無精子症はそんな前の通り精液中に精子が一匹もいない状態で、造性機能障害の中でも重い症状です。
ただ精巣に精子が存在していれば妊娠させることも可能です。
乏精子症は精子の数が少ない状態で、タイミング法や体外受精、顕微授精などの治療によって妊娠が可能です。
精子無力症は正常な数の精子はあるにも関わらず、製造された精子の運動率が悪い症状で、人工授精や顕微授精によって治療が可能です。

自然な妊娠をさせるためにはある程度の精子の数が必要となりますが、無精子症の人であっても顕微授精によって授精は可能な時代となっています。
この場合手術で睾丸を切開し、その中から精子が一匹でも採取することができれば受精卵を得ることが可能です。

男性不妊の検査の方法としては、精液検査や染色体検査、ホルモン検査、抗精子抗体、Y染色体検査、AMH、感染症管理、HTLV、術前検査などがあります。
精液検査は精液中の精子の数や運動精子の数を調べるものです。

染色体検査は採血によって染色体異常を調べ、ホルモン検査はLH、FSH、テストステロンの精巣機能を調べます。
抗精子抗体は精子に対する抗体が血液中にあるかどうかを調べ、Y染色体検査はY染色体について詳しく調べていきます。
AMHは生殖細胞の指標となるホルモンを調べ、感染症管理はB型肝炎やエイズ、梅毒などの感染症関連検査を行います。

HTLVはヒト成人T細胞白血病の原因となるウイルスを調べ、術前検査は末梢血液検査や血液凝固検査、生化学検査を術前に行います。

精子増量に効果のあるスクワット
スクワットは自重トレーニングといって、自分の体重を使って行う筋トレです。
バーベルやダンベルなど特別な器具が必要ないため、いつでもどこでもトレーニングを行う事ができます。

例えば朝起きて、顔を洗った直後に洗面所でスクワットをする事ができます。
また通勤中に信号待ちになった時に、スクワットをする事ができます。
隙間時間で簡単に、スクワットをする事ができるので、生活に取り入れやすいと思います。

自重で行うスクワットに慣れてくると、自分の体重の負荷だけでは物足りなくなってくるかもしれません。
このような時は、さらに負荷を強くするためにトレーニング器具を使いましょう。

例えばダンベルを使った「ダンベルスクワット」がおすすめです。
スクワットをする時は、肩幅程度に足を広げて、両手は胸にクロスして置いたり、頭の上で組んで行うのが一般的です。

ダンベルスクワットをする時は、両手を腰の横に真っ直ぐとおろし、ダンベルを両手で握るようにしましょう。

2kg程度のダンベルから、15kg程度のダンベルまで、ダンベルなら負荷を自由に変える事ができます。

自重で行うスクワットよりも、さらに効果的に下半身の筋肉を鍛える事ができるでしょう。
ただし膝にかかる負担は大きくなりますので、注意が必要です。

「つま先よりも、膝が前に出ない」というルールを各自に守って行って欲しいと思います。

ダンベルが用意できない場合は、500mlのペットボトルを両手で持つなど、身の回りの少し重くて持ちやすいもので代用しても構いません。

ページの先頭へ