精子の量が少ないと妊娠しにくい?

精子の量 精力剤

ホーム精子の量に関する記事一覧 → 精子の量が少ないと妊娠しにくい?

目次
精子の数が少ないと妊娠できない?

不妊というと女性が原因だと思っている人も多いかもしれませんが、実は男性が原因で妊娠ができないケースも少なくありません。
数千万から数億個の精子が射精されても、その中で卵子にまでたどり着けるのはごくわずかです。そのため妊娠するためには元気な精子がたくさん必要となります。

水っぽい精子に悩んでいる方はコチラの記事がおすすめ

精子の量が十分あったとしても精子のDNAが損傷していると、授精しにくく妊娠しても流産しやすくなってしまいます。DNAの損傷の原因としては、老化のストレスとなる酸化ストレスが関係していると考えられています。

精子力を高めるためには禁煙して酸化ストレスを軽減することが大切です。
喫煙による酸化ストレスは精子のDNAの構造を損傷しEDの原因になることがあります。

また睾丸を締め付けるブリーフは、睾丸の温度を上げてしまい精子を作る機能を低下させてしまいますから、ブリーフよりもトランクスを選ぶようにしましょう。
また精巣の精子を作る造精機能は大変熱に弱いため、サウナや長風呂は控え、長時間膝の上でパソコンを操作するのもやめましょう。

そのほかにも、自転車のサドルは精巣を圧迫して血流を悪くしてしまいますから、長時間自転車に乗る場合は股間を保護するようなものに変えるか腰を浮かせて血流を確保するようにしましょう。
男性型脱毛症の治療薬には、フィナステリドを主成分とするものがありますが、フィナステリドには男性ホルモンの作用を抑える作用があり、精液の状態を悪化させる可能性がありますから、使用する場合には十分注意するようにしましょう。
このように精子の量は改善することができますから、妊娠を考えているのであれば日常生活から意識するようにしましょう。

2017年、欧米の男性の精子の数が、40年で半減したという調査結果が発表されました。また見た目は元気であっても、中身が老化した精子が増加し不妊の原因になる場合があるともいわれていますから、いつまでも精子さえあれば子供ができるという考えはできません。

精子増量に効果のあるスクワット
基本のスクワットのやり方は、肩幅程度に両足を開いて、ゆっくりと腰を落とし、限界まで下げたら元の位置まで戻していく…というものです。

自分の体重だけを利用して筋トレができるため、誰にでもどこでもやりやすいトレーニングとして知られています。

さらに負荷を上げたいと思った時に、「スロートレーニング」の理論でスクワットを行う方法があります。

一般的に筋トレは、一連の動作を素早くやるよりも、ゆっくりと行った方が、トレーニングの効果が上がります。

スクワットをする時も、勢いをつけてワン、ツー、スリー、という感じで行うよりも、「動いているのかどうか分からない」くらいのスピードで、ゆっくりと腰を落とし、一旦静止して、またゆっくりと腰を上げて行く方が、下半身の筋肉を効率的に鍛える事ができます。

ゆっくり動作をする事で、正しいフォームを取る事が簡単になりますし、故障をしにくくなります。
スロトレ版のスクワットは、このようにメリットがたくさんあります。

具体的には、腰を下ろし切るまでに10秒、腰を下ろした状態で10秒キープ、さらに腰を上げる動作に10秒程度かけると、スロトレスクワットとして効果的です。

さらに腰を上げる時に膝を完全に伸ばさず、少し曲げた状態のままにして次の動作に移るようにすると、スクワットの連続性が増して負荷が増します。

スロトレ版のスクワットは、ケガをするリスクが少なく、スクワットの負荷を上げる事ができる方法ですので、覚えておきましょう。
精子増量を実感できる精力剤
最も精子を増量するのに重要なのが、精力剤です。



この方法は確実に精子増量の効果を実感できるでしょう。

精子の量がどうしても少なくて、精力にも悩んでいた時に、精力剤を飲んでからかなりのサイズアップ効果と、それに伴い自然と射精の気持ちよさも大きくなりました。

ヴォルスタービヨンドの詳細はコチラ!

ページの先頭へ