妊活と精子の関係について

精子の量 精力剤

ホーム精子の量に関する記事一覧 → 妊活と精子の関係について

目次
精子増量の経緯

僕は29歳男性のコンサルティング営業しています。そんな僕はこの仕事について5年目になります。仕事はやっと安定期に入り、収入もしっかりあり、これから妊活をするぞいうときです。そろそろ30歳になるので子供が欲しいと考えています。

もちろん、相手もきっとそう思っていると思います。しかし、体の相性なのか中々、子供を作ることができません。何度も何度も半年前から挑戦せいているのですが、全くできません、きっと僕の精子量が少ないのだと思います。その思い当たる節もあります。

当たり前のことかもしれいませんが10代だった当時の僕は毎日、毎晩、何ラウンドしても毎日できるくらい元気がありました。しかし、年齢を重ねることにより、何となくですが、精子の量が減ってきている感じがします。

そもそも、まず昔みたいに毎日ムラムラすることがなくなり、そして、抜いてもないのに本番になっても半立ちのままの時が多くあります。最初は体の相性とか僕自身の気持ちの持ちようかなと思っていたのですが、やはりそういうわけでもありませんでした。

気持ちを高ぶらせるためにわざと激しめのプレイをしてみてもやはり、立ちが悪かったりしました。なので結局、行き着くところは僕の年齢の加齢によって生殖機能が衰えて、勃起も精子も作りが悪くなっているのだと思っています。

そして、この精子の量をなんとしてでも増やしていかなければそれはきっと子供を作ることができなくなると思いますし、そして、何より貯める機能が悪いときっとそれを発散させる気持ちも高ぶらないのかなと思います。つまり、この精子量ですべてが決まってくるのだと考えています。

たかが精子量かもしれませんが、ただそれだけで色んな事が起こってしまうのと年齢を重ねて実際に体験してみて初めて知りました。

今ではサプリなど飲んで対策をしていますが、まだまだ、足りないと正直思っていますのでいつまでこの精子の量で悩まないといけないのか不安で仕方がありません。

精子増量に効果のあるスクワット
スクワットはダイエットをしている人だけではなく、スポーツ選手なども行う基本的な筋肉トレーニングの一つです。しかし一つやり方を間違えてしまえば、頑張っても効果が出ないというようなことになってしまいます。そこで正しいスクワットの仕方を紹介したいと思います。

スクワットで大切なことは大きく分けて三つあります。まず一つ目はスピードです。スピードを早くしてたくさん行うか、ゆっくり時間をかけて少ない回数行うのではどちらが効果的なのでしょうか。答えは後者です。昔は部活動などでスクワット何回という風に指導されていました。

そのようなときは大抵の人は早く終わらせたいがために、素早く動いて回数を稼いでたと思います。しかし実際には早く行っても筋肉に効果をもたらしてはくれません。ゆっくり動くと筋肉がプルプルしてくるのがわかると思います。そういう状態にならないと効果を発揮してくれないのです。

二つ目は姿勢です。スクワットはたった状態からしゃがむような状態の途中まで持って行く姿勢を繰り返すことです。この時に膝が90度に曲がるくらいの位置までお尻を下げることが重要です。90度以上でも以下でもなく90度の姿勢を保つことが重要です。

その時にお尻を突き出すような気持ちでやることです。意識するのは太ももです。太ももをいかにプルプルさせるかが重要です。疲れてくるとだんだん90度に届かない姿勢になりがちなのでその点を注意して欲しいです。最後に三つ目です。それは呼吸です。

人間何かに集中すると呼吸を忘れがちです。しかし呼吸をすることで酸素を体内に取り入れることができます。酸素を体内に取り入れることで筋力を作ったり脂肪を燃やすことができるようになります。ですからどんなに辛くても意識的に呼吸をするということが重要です。

この三つを守った上で1日に何回と自分の中で回数を決めて、毎日継続して行くことが重要です。はじめから無理すると続かなくなってしまいます。無理せずできる回数から取り組みましょう。

ページの先頭へ