明らかに精子の量が減った悩み!おすすめの精力剤について

精子の量 精力剤

ホーム精子の量に関する記事一覧 → 明らかに精子の量が減った悩み!おすすめの精力剤について

目次
    
結論!精子の量を増やすにはヴィトックスα!
濃い精子の量をたくさん増やすために、ヴィトックスαを飲みました!


~~飲み始めて1週間~~
飲み始めてから1週間でドバドバと濃い精子を射精するのを実感しました。
ペニス増大と共に実感でき、自信のあるペニスを手に入れることができました。

  1. ヴィトックスα

    精子の濃さ 5.0
    精子の量 5.0
    即効性 5.0
    価格:
    12,800円(税込)
    容量:
    1本30日分 早い者勝ち!!+1箱プレゼント!

    ・飲んだ次の日にペニスの変化を実感!
    ・2週間、1ヵ月飲んで確実に精子の量が増えた!
    ・溢れ出る即効性とギンギンのペニス勃起力!

    管理人のレビュー

    精子の量を増やすのに欠かせないのがシトルリンとアルギニン。
    そのシトルリンとアルギニンの配合量が、多くの商品の中でNo.1の配合量を誇るのが「ヴィトックスα」です。

    そして私が今まで飲んだ増大精力剤の中で、精子の増量を一番実感した精力剤です。

    商品詳細を見る

精子を増やすには食生活がカギ!

10代や20代のころと比べると、明らかに精子の量が減っています。射精の際に、必ずどれくらいの量が放出されたかをしっかりと確認しているのですが、もう、一目瞭然です。若いころは、おびただしい量の精子が、勢いよく放たれていましたが・・。

このところは、ポタポタと垂れるような、いわゆるスポイト射精に終始しています。しかも量がビックリするくらい少ない・・。良くは覚えていませんが、若いころは、毎日射精したとしても、それなりの量が放たれていました。

2、3日開けようものなら、自分でも恥ずかしくなるくらいの量が出ていましたし、1度のみならず、2度、3度と複数回の行為に臨んでいたものです。

それがですよ、今じゃあ、毎回質の悪い射精になっておりまして・・。それを見るたびに気持ちがなえてくるんですよね。なんというか、老いを実感する瞬間です。

とはいえ、年齢を重ねても質の高い射精をされている方がいるのも事実。例えば、分かりやすいところで言えば、アダルト作品なんかを視聴していると(私も男ですから人並みに視聴します)、明らかに私よりも年配の方が、ビックリするくらいの精子を放出しているんですよね。

あの方たちは、何かしら、サプリメント的なものを摂取しているのでしょうか。じゃないと、あの年齢であれだけの量っていうのは、ちょっと考えられないことです。

仮に何もせずにあれだけの量を出せるのであれば、それは私としては非常に羨ましい限りであり、それと同時に期待感も膨らんできます。きちんとしたケアをすれば、一生現役でいられると。

そのために、今では精力剤やサプリメントの摂取、食生活の改善、適度な運動、ストレス発散などなど、様々な対策を講じているところです。これが奏功したのか、一時期よりかは精子の量が復活してきたように思います。

感度も向上してきましたし、性行為そのものに対して意欲的に取り組めている自分がいるんですよね。若かりし頃の青臭い性欲を取り戻すべく、これからも邁進していく所存です。

精子増量に効果のあるスクワット
スクワットをやるときにはどれくらいやれば良いのか?というのが分からない人が多いと思います。
何を目的にやるのか?にもよるかもしれませんが、特に足腰の筋肉を鍛えたいときには、今の自分の筋肉の限界を超えるくらいを毎回目標にやっていくと良いです。
それがスクワットをするときの理想的な回数になります。

これはどういうことか?というと、自分の筋肉が限界にきたところで、さらに負荷をかけることができれば、筋肉が発達しやすいのです。
したがって、スクワットをやりながら自分の足腰の筋肉の疲労感などを探っていくのです。
そして、これ以上できないくらいに負荷をかけて、疲労がたまってきたところに、あと1回、2回プラスしてやると、それが非常に大きな効果を生むということになります。

限界がきたところでやめてしまう人が多いと思うのですが、筋肉を鍛えるときには限界がきたところからが本番だと思った方が良いと思います。
限界がきても、そこから数回はできるはずなので、根性を振り絞ってそこから1回でも多く回数を重ねてほしいと思います。
ということは、スクワットのやり方に関して、回数はどれくらいやれば良いのか?については正解はないということになります。

具体的な回数は人によって異なるので、自分でスクワットをやりながらそのときに感じる疲労度合いを基準にしてほしいです。
人によってはたくさんできる人もいますし、少ない回数しかできない人もいると思いますが、それで良いのです。
その回数をスクワットをやるごとに少しずつ伸ばしていけるようにしていくということを考えておくと良いです。

最初は5回が限界がきて、そこから力を振り絞って6回をやって終わっていたが、その後は7回までできるように頑張るとか、そういった積み重ねをしていくことが重要になります。
過去の自分を超えていく感じで、毎回目標を設定してスクワットをやっていくと良いと言えます。
スクワットのやり方において回数はどれくらいやるべきか?については、こういった考え方をすると良いと思います。

ページの先頭へ